スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Succulent ~多肉植物~ 

succulent = 多肉植物
ぷくっとした茎や葉の一部または全体に多量の水分を含む植物。
サボテン・トウダイグサ・ベンケイソウなど、多くは乾燥地や塩分の多い地域に生育する。
その可愛らしい姿がママは大好きで我家での愛称は「多肉ちゃん」
でもその種類は科目だけで50以上、品種は1万種を超えるのだとか。

070327.jpg

ママのガーデナー理念は小さいものを大きく育てること。
水をやると元気にすくすくと育っていく姿は子供と一緒。
「大きくなったねぇー」とひとり親戚のオバサンのように植物と会話していることもよくある風景。
もちろん今まで枯れ果ててお別れの運命になった植物も幾多とあり。
でも失敗はつきもので、そこでめげないことが次の喜びに繋がることこと間違いなし。

というわけで今回の多肉ちゃん達もモアサイズな赤ん坊4人。

育てやすさは☆☆☆
日光浴は必ずさせてあげて、水は控えめ。
寒さには弱いので、うちでは10℃以下になったらビニールシートを被せて越冬させています。

070327_2.jpg

↑名前を調べてみたけれど、わかったのは2つだけ。
左は不明(わかりそうでわからない)アロエの仲間?
右は『虹の玉(ニジノタマ)』
…秋には葉が紅葉して美しいそうです。

070327_3.jpg

↑奥が不明。
右の海草みたいなのは『エオニウム・クロホウシ(黒法師)』
…黒い色が「黒法師」の名の所以だそうです。

増やし方は挿し木。葉の部分だけでもOK。
埋める必要もあまりなく、土の上に根が出る部分をつけておけば、いつのまにか根がついてたり、とても容易!

070327_4.jpg
無事全員ひとつの鉢に仲良くおさまりましたとさ。

↓↓どれが一番大きくなるのかな...期待のポチッとよろしくです!↓↓

スポンサーサイト

Comments

ちょっと小さいころはホッペのお肉も
多肉ちゃんかも(笑
うちにも多肉ちゃんがいますよっ!
うちの多肉ちゃんはブランコ自力は
まだまだ全然無理です。本気でちょっと焦ったりしちゃいました(汗

なるほど~小さな多肉植物ちゃんもひとつの鉢に植えてあげるといい感じに仕上がるね。
なかなかのセンスだわ^^
モアちゃんの右手に持ったのバラのような多肉ちゃんが好みかな♪
スクスク大きくなぁ~れ!

↓ブランコ、最近凄い揺らしまくっても全然平気。
見てるこっちが恐いのよ・・・
モアちゃん楽しそうに乗ってるね^^

★Humチチさん
ホントですねー
水々しくて、化粧水も必要ない子供のほっぺはまさに多肉そのものですね(笑)
ブランコ自力ははっきり言って怖いです!
全然焦る必要ないですよー

★yukaちゃん
ブランコ揺らしても全然OKというのはわかる気がする。
でも親としてはヒヤヒヤよね(汗。
yukaちゃん家のサンセベリアも多肉植物の一種らしいよ。
どうりで水がなくても生きてるわけだわ。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://savy.blog17.fc2.com/tb.php/400-86ade383

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。